ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

WinSCPでAWS(EC2)に接続する方法

    この記事は約3分で読むことができます。

Windows10のWinSCPからEC2のインスタンスに接続する方法ですが、AWSのプライベートキー形式(.pem)は使用できません。PuTTY 形式(.ppk)に変換してからWinSCPでSSH接続してファイルのアップロードする必要があります

初めは、PuTTY 形式(.ppk)に変換が面倒で、Mac OS XのFileZillaでファイルのアップロードしていましたが、WindowsでもAWS環境にアップロードできるように設定しました

プライベートキー形式(.pem)をPuTTY 形式(.ppk)に変換

PuTTY形式(*.ppk)に変換する方法ですがWinSCPをインストールすると、変換に必要なツールの「PuTTYgen」もインストールされていると思いますので、それを利用します

・WinSCPを起動します

・サーバーへのログイン画面内の左下より「ツール」を選択し「PuTTYgenを実行」を選択します

winscp01

・「Conversions」→「Import Key」を選択し、AWSのプライベートキー形式(.pem)を読み込みます

winscp02

・「Save Private Key」をクリックしてPuTTY 形式(.ppk)にコンバートします。必要であればパスフレーズを設定します。筆者は設定していません

winscp03

・上記の操作、PuTTY 形式(.ppk)に変換されていますので、任意の場所に保存します

WinSCPでEC2に接続する

WinSCPを起動して先ほど作成した「PuTTY 形式(.ppk)」を利用してEC2のインスタンスに接続します。接続する際にはパブリック DNS アドレスや接続ユーザー名が必要になりますので接続する前に調べておきます。下記の記事でパブリック DNS アドレスの取得方法は説明していますので参考にしてください

AWS EC2にMacのターミナルでSSH接続する方法

ユーザー名は、使用するAMIによって異なる場合がありますが、代表的なユーザー名は以下となります

  • Amazon Linux AMI の場合は、ユーザー名は ec2-user です。
  • RHEL5 AMI の場合は、ユーザー名は root または ec2-user のどちらかです。
  • CentOS AMI の場合は、ユーザー名は root または centos のどちらかです。

WinSCPの接続設定

・WinSCPを起動して「新しいサイト」を選択します

winscp11

・ホスト名に「パブリック DNS アドレス」を入力します。ユーザー名に「ユーザー名」を入力します

・「設定(D)…」をクリックし「高度なサイトの設定」の画面を開きます

winscp12

・「SSH」→「認証」の設定で「秘密鍵」を選択し、先ほど作成した「PuTTY 形式(.ppk)」を設定します

winscp13

・以上で、WinSCPの接続設定です。あとはいつものように接続してファイルなどをアップロードします



 - Windows10, 仮想化