KVMのインストール

2016-12-07

KVM インストール

OSはFedora12でKVMをインストールする場合の手順です。

(1)KVMをインストールする場合に必要なパッケージをyum でインストール

# yum -y install qemu-kvm qemu bridge-utils

(2)kvmのドライバモジュールをロードします

# modprobe kvm
# modprobe kvm_intel # AMDの場合 "kvm_amd"
# lsmod | grep kvm
kvm_amd 41556 0
kvm 190648 1 kvm_amd

ネットワーク関係の設定 ブリッジ接続

KVMはデフォルトではNAT接続となります。
ルーティングをかけば外部からの接続が可能ですが、面倒なのでブリッジ接続に変更します

(1)ifcfg-eth0 のバックアップ

# cp -p ifcfg-eth0 ifcfg-br0

(2)ifcfg-br0 を以下のように作成

# vi ifcfg-br0
DEVICE=br0
ONBOOT=yes
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=static
iAME="System br0"
IPADDR=192.168.24.200
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.24.1
DNS1=192.168.24.1
IPV6INIT=no
USERCTL=no

(3)iptables に下記を追加

# iptables -I FORWARD -m physdev --physdev-is-bridged -j ACCEPT

(4)bridge関係のカーネルパラメータの確認

# sysctl -a|grep net.bridge.bridge-nf-call
net.bridge.bridge-nf-call-arptables = 0
net.bridge.bridge-nf-call-iptables = 0
net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables = 0

上記のような結果になればOK。なっていない場合は追加する

(5)sysctlの再読み込み

# sysctl -p /etc/sysctl.conf

サービス起動

(1)libvirt の再起動

# service libvirtd reload

(2)状態の確認

# brctl show
bridge name bridge id STP enabled interfaces
br0 8000.0019db33c127 no eth0
virbr0 8000.000000000000 yes

スポンサーリンク