ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

ISOイメージを CD , DVD に焼く (MacOS X)

      2016/10/06 この記事は約2分で読むことができます。

Linuxのインストール用のDVD作成などでISOイメージをダウンロードしてDVDに焼いてブート可能なメディアを作成するケースがあると思います。
MacOSでは、OS標準でインストールされている「ディスクユーティリティ」でISOイメージをCD/DVDに焼くことが可能なのでその方法を説明します

CD/DVDメディアをセットする

空のCD/DVDメディアをCD/DVDドライブにセットすると下記のようなポップアップが表示されますので、「ディスクユーティリティを開く」を選択し「OK」を押します
ISO 焼き方1 MacOS

ディスクユーティリティを起動

CD/DVDを挿入後、ポップアップでディスクユーティリティを起動します。
ディスクユーティリティが起動しなかった場合は、ファインダーで「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」の順に選択し起動します

ディスクユーティリティが起動したら、画面上部の「ディスクを作成」をクリックします
ISO 焼き方2 MacOS

ISOイメージの選択

CD/DVDに書き込みをおこなうISOイメージを選択します。今回の場合はCentOS6.6のISOイメージを選択しています。
ISO 焼き方3 MacOS

ディスクを作成(書き込み開始)

ISOイメージを選択すると、下記のようなポップアップがでるので,「ディスクを作成」ボタンをクリックします。
その後、ディスクの書き込みが開始されます

ISO 焼き方4 MacOS

書き込みが開始されます
ISO 焼き方5 MacOS

書き込み終了

書き込みが終了すると、下記のポップアップが表示され書き込みが終了します
ISO 焼き方6 MacOS

 - Mac ,