ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

MAC OS X ターミナルのプロンプト(PS1)変更[MBP 2014]

      2016/02/18 この記事は約2分で読むことができます。

ターミナルのプロンプトをアップルマークに変更するのと、CentOSと同じようなプロンプト(PS1)に変更します

変更後は以下の様なプロンプトになります。

t01

1.プロンプトで使用できる変数

プロンプトで使用できる変数は以下です。

\a ベル(ビープ音)をならします(ASCII のベル文字 07)
\d "曜日 月 日"の形式の日付
\h ホスト名(最初の . までの名前)
\H ホスト名
\n 改行
\r 復帰
\s シェル名(標準だと -bash が表示)
\t 時刻 HH:MM:SS 形式(24時間) H = Hour = 時、M = Minutes = 分、S = Seconds = 秒
\T 時刻 HH:MM:SS 形式(12時間)
\@ 時刻 am/pm をつけたもの。Lang=Jaの場合 HH:MM (午前|午後)となる。
\u 現在のユーザー名
\v bash のバージョン
\V bash のバージョン・リリース番号など詳細
\w 現在のディレクトリ(フルパス)
\W 現在のディレクトリ名
\! コマンドのヒストリー番号
\# コマンドのコマンド番号(ログイン後何回実行したか)
\$ UID が 0 であれば『 # 』、それ以外は『 $ 』
\\ バックスラッシュ
\[ 表示されない文字列(エスケープシーケンス/端末制御シーケンス)を埋め込む
\] 表示されない文字列の終わり

 

2.アップルマーク

アップルマークを表示するのは、「Shift」キーと「Option」キーと「K」キーを押します。

※アップルマーク「」のHTML文字の場合のコードは以下です

3.PS1編集

プロンプトを変更するファイルは、「/etc/bashrc」です
変更したPS1は内容は以下です

初期のPS1はコメントアウトしてます

ログインをやり直したら、以下の様なプロンプトになります

bash ログイン画面

 



 - Mac ,