互換性チェックを回避してWindows 11をインストール

CPUが対象外でも、互換性チェックを回避してWindows 11に無償アップグレード

Windows 10から Windows 11 へのアップグレードでは、Windows 11システム要件をクリアしないとインストールできませんが、レジストリを変更して、インストールする方法を紹介します。但し、この記事ではCPUが対象外のパターンでのアップグレード方法となります。 TPM 2.0やセキュアブートの要件はクリアする必要があるので、そちらはクリアしている事が条件です

Windows 11にアップグレードするパソコンですが、CPUが「AMD Ryzen 5 1600」で、Windows11 のサポート対象外のCPUです。

 

対象外のCPUで、Windows11 にアップグレードする方法

対象外のCPUで、Windows11 にアップグレードするには、レジストリを編集してCPUチェックを回避します。
その後、Windows 11のISOファイルをダウンロードしてその中にあるSetup.exeからインストールしていきます

Windows11 のISOファイルをダウンロードする

MicrosoftのHPの「Windows 11 をダウンロードする」よりISOファイルをダウンロードします。

1.「Windows 11 をダウンロードする」にアクセスします

2.画面をスクロールして、「Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードする」から「Windows 11」を選択して「ダウンロード」を選択します。

3.「製品の言語の選択」から「日本語」を選択して「確認」を選択します

4.「64-bitダウンロード」を選択してISOファイルをダウンロードします

CPUチェックを回避するためにレジストリを変更する

レジストリを変更して、アップグレードする際のCPUチェックを回避するようにします

1.「Windows」+「R」キーで「ファイル名を指定して実行」のダイアログを開きます

2.「regedit」と入力し「Enter」キーを押します

3.「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup」の場所を探します。なければ作成して下さい

4.DWORD(32ビット)型で「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」という名前の値を作成します。

5.値のデータには「1」をセットする。

項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup
値の名前 AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
REG_DWORD(DWORD 32ビット)型
値の内容 1

レジストリエディタを使用せずに、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを入力するとレジストリに値がセットされます

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup /v AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU /t REG_DWORD /d 1 /f

「Windows 11」のセットアップ ウィザードを起動する

先程、ダウンロードしたISOファイル内の「setup.exe」を起動して、セットアップウィザードを起動して、Windows11 にアップグレードしていきます

1.ダウンロードしたISOファイル(Win11_japanese_x64.iso)をダブルクリックします

2.ダブルクリックすると仮想ドライブのような場所にマウントされ、ISOファイルの内容が表示されます。「setup.exe」を選択します

3.セットアップウィザードを起動するので、「次へ」を選択します

4.ライセンス条項をが表示されるので、「同意する」を選択します

5.「承諾する」を選択します

6.「インストール」を選択すると、Windows11 へのアップグレードが実行されます。

7.アップグレードが無事に終了すると、CPUが対象外でもWindows11 にアップグレードできました

 

スポンサーリンク