windows11 互換性チェックプログラムでWin11が動くか確認する

2021-06-28

先日、次期OSのWindows11のリリースが発表されました。自分が使用しているPCでWindows 11で動作するか確認する「Windows 11互換性チェックプログラム」が公開されています。リンク先はチェックプログラムを実行ファイルとなっています。

マイクロソフトも、「新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft」とサイトが立ち上げられています。ページ内の下の方に「互換性チェックプログラム」のアプリのダウンロードがあります

早速アプリをダウンロードして、Windows 11が動作するか確認してみます。アプリのインストールは従来通りに画面の指示に従って進めればインストールできます

インストールできたら実行してみます

Lenovoのノートパソコンで、CPUは「AMD Ryzen 5 3500U」ですが、無事にインストールできるみたいです

 

もう一台ある、自作PCでもやってみます。

こちらは、自作PCで「 AMD Ryzen 5 1600」ですが、Windows 11は実行できないみたいです。
実行できませんと表示されますが、何故駄目なのかは表示されないので原因はわかりません

PC-Watchの「Microsoft、Windows 11互換性チェックプログラムを公開」では、TPM(トラステッド プラットフォーム モジュール) 2.0への対応とあったので、BIOSでもFTPMを有効にしたけど駄目でした。

デバイスマネージャーだと、表示されてるけど使っているCPUが無印のRyzen 5 1600なので、Ryzen のCPUは、PROじゃないのだ駄目なんかな

 「このPCではWindows 11を実行できません」と表示された場合は、UEFI(BIOS)にて、Intelなら「Intel Platform Trust Technology」(Intel PTT)を、AMDならfTPM(Firmware TPM)を有効(Enabled)にすることで、互換性を確保できる場合がある。

Windows 11のシステムの最小要件は、以下となります

システムの最小要件
プロセッサ 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ 4 GB RAM
ストレージ 64 GB 以上の記憶装置
システムの最小要件
グラフィックス カード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

 

スポンサーリンク