仮想マシンの時刻がずれが生じた場合(hwclock)

クラウドで運用しているサーバーで時刻が10分ほどずれているサーバーがありました。このクラウドではntpdやchronyで時刻同期をおこなっても、上位のどこかでNTPポート(123ポート)が閉じているようでNTPサーバーで時刻同期ができません。

取り急ぎ時刻がずれていると、運用上問題なのでdateコマンドで時刻を修正する場合は以下のdateコマンドで時刻修正ができます

# date --set "2021/03/31 12:56:21"

hwclock –show」コマンドでハードウェアクロックの時刻を確認できるので確認すると、それほど時刻はずれていないので、ハードウェアクロックをシステムクロックに合わすようにしました。コマンドは「hwclock –hctosys」と入力すればOKです

# hwclock --show
Thu 01 Apr 2021 03:32:26 PM JST  -0.754233 seconds

# システムクロックの時刻をハードウェアクロックへ設定する
# hwclock --hctosys

逆に、ハードウェアクロックをシステムクロックをあわすには「hwclock –hctosys」となります

# hwclock --hctosys

 

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 6,CentOS 7,CentOS 8

Posted by admin