ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

LPIC301 ログ管理

      2017/01/04 この記事は約2分で読むことができます。

概要

初期設定では、LDAPのログが出力されないので、出力されるようにする
openLDAPサーバのログは、syslogのLOCAL4ファシリティにログを送付している。
そのため、syslog.confファイルの設定を変更する

例)loglevel 256

loglevel 一覧

-1 すべてのデバッグレベルを有効にする
0 デバッグしない
1 関数呼出しのトレース
2 パケット処理のデバッグ
4 詳細なデバッグトレース
8 接続管理
16 パケット送受信の印字
32 検索フィルタ処理
64 設定ファイル処理
128 アクセス制御リスト処理
256 接続/操作/結果の統計ログ

512 エントリ送信の統計ログ
1024 shell バックエンドとの通信の印字
2048 エントリ解析のデバッグ印字
4096 データベースキャッシュ処理
8192 データベースインデックスの処理
16384 syncrepl コンシューマ処理
※ 覚えるのは、赤字の箇所くらいでOKと思います

LOG出力手順

・syslog.conf の編集

syslogの設定ファイルをバックアップ

syslogの設定ファイルを編集

変更内容を確認

・logrote に slapd.log も追加する

logrotate の設定ファイルをバックアップ

logrotate の設定ファイルを編集

変更内容を確認

・slapd.log を作成

slapd.log を作成し、ファイルの所有権など設定する

・syslogの再起動



 - Linux, LPIC 30x ,