プログラミング

array関数で配列を初期化する

array関数を使用して、PHPの配列を初期化します。使い方は簡単は、$array = array() のように使います
簡単なサンプルでは、配列に値を挿入しています。その後array

Linux

Swapの使用率を確認する

Linuxで物理メモリを使い切るとswap領域を使用します。今のメモリ状況は「free」コマンドで確認できます。
下記では、「-m」のオプションでメモリの量をMB単位で表示しています。

Linux, プログラミング

シェルスクリプトを実行すると「$’\r’: command not found」のエラー

シェルスクリプトを作るときはAtom等のエディタで作ってSCPでアップしていました。macOSからWindowsに変更して ...

Linux

Basic認証とIP制限の併用でIP制限が効かない

BASIC認証とIP制限を併用しているサイトが合って、特定のファイルのみIP制限したいとの要望があって「.htaccess」に設定を入れても、IP制限が全く効かなかった。

Linux, プログラミング

シェルスクリプトで関数の場所を間違えると「command not found」になる

関数を使ったシェルスクリプトで関数の呼び出す場所は、定義した関数より前に書くと「command not found」や「Main: コマンドが見つかり ...

プログラミング

概要

変数や配列の内容確認に「var_dump」コマンドを使いますが、ブラウザやHTML上で「var_dump」で変数や配列の内容確認すると改行されずに1行で表示されて見にくい状態になります
ブラウザでarrayの内容

Linux

sedコマンドで、1行目から5行目まで削除したい時は、下記のように書けば指定した行数だけ削除できます。
また、5行目から10行だと、下記のようにすれば指定した行が削除できます
 

Linux, Ubuntu

OwnCloudでサーバー側でファイルを追加・削除すした結果を直接反映する

OwnCloudサーバーでサーバー側にファイルが保存されている領域にファイルを追加したり削除してもブラウザではそのファイルは確認できません。

Own ...

Linux, Ubuntu, プログラミング

シェルスクリプトで実行しているディレクリ名を取得する場合「dirname ${0}」でディレクトリ名を取得できます。

但し、実行時に相対パスで実行するとディレクトリ名も相対パスとなります。
下記のスクリプトでは、「 ...

Linux

vsftpdでPASVモードとF/Wの設定について

FTPサーバーのvsftpdでパッシブモードも有効にして、F/W(iptables)でパッシブモードで利用するポートを開放する手順を説明します

vsftpdでパッシブモードを有効 ...

Linux, Ubuntu

「dirname」、「basename」で、ディレクトリ名・ファイル名を取得

ファイルパスからディレクトリ名・ファイル名を取得するには「dirname」、「basename」を使うとディレクトリ名やファイル名を取得できます

dir ...

Linux, Ubuntu, プログラミング

シェルスクリプトでファイルを1行ずつ読み込む

シェルスクリプトでファイルの内容を読み込んで、その内容を出力したりする方法を紹介します

ファイルを標準入力へリダイレクトさせて読み込む

 while read lineで、標準入力 ...

Linux

cpコマンドで不可視ファイル(ドットファイル)までコピーする

cpコマンドで「.htaccess」等の隠しファイルを含むディレクトリをコピーするときに、「 cp -r test/* 」とすると、コピー元に「.htaccess」等の隠し ...

Linux

uniqコマンドで重複した行を削除・表示する

Linuxのuniqコマンドを利用すると、重複した行を削除したり、重複している行のみ表示できます。
uniq コマンドではオプションなしでは、重複している行を削除できますが「ソート」 ...

Linux

MySQL(MariaDB)で、SQLのクエリーログを出力する

MySQLやMariaDBでクエリーを実行したSQLを出力するには、一般クエリログで確認できるので、この項目を有効にしてログファイルの出力先を指定すれば、ログファイルに出力 ...