LPIC 30x

321.4 その他の強制アクセス制御システム

重要度 2
説明 Linuxの他の強制アクセス制御システムに精通していること。これらのシステムの主な機能が範囲に含まれるが、その設定や使用方法は含まれない。
主要な知識範囲 ...

Linux

lsコマンドでファイルのタイプスタンプで、「新しい順番」、「古い順番」にソートする方法
新しい順番は、 ls -lt
古い順番は、ls -ltr

コマンドのオプションの意味は下記の通り
-l ファイ ...

LPIC 30x

321.3 SELinux

重要度 6
説明 SELinux全般の知識があること。
主要な知識範囲

SELinuxの設定
TE、RBAC、MAC、およびDACの概念と使用方法

重要なファイル、用語 ...

LPIC 30x

321.2 拡張属性とACL

重要度 5
説明 拡張属性とアクセス制御リストの使用方法を理解して、知っていることが要求される。
主要な知識範囲

ACL
EA 及び属性クラス

重要なファイル、用語、 ...

LPIC 30x

321.1 ホストベースのアクセス制御

重要度 2
説明 nsswitch構成、PAM、パスワードクラッキングなどの基本的なホストベースアクセス制御に精通していること。

主要な知識範囲

PAM 及び PAMの設 ...

LPIC 30x

320.3 暗号化ファイルシステム

重要度 3
説明 暗号化ファイルシステムのセットアップと設定ができること。

主要な知識範囲

LUKSの知識
dm-cryptコマンドおよびCBC、ESSIV、LRW、X ...

LPIC 30x

320.2 高度な GPG

重要度 4
説明 GPGの使用方法を知っていることが求められる。これには、鍵の生成、署名、鍵サーバへの発行も含まれる。複数の秘密鍵とIDの管理も含まれる。
主要な知識範囲

GPGを使用し ...

LPIC 30x

320.1 OpenSSL

重要度 4
説明 OpenSSLの構成および使用方法を知っていることが求められる。
これには、自分自身の認証局を作成し、さまざまなアプリケーションにSSL証明書を発行する知識も含まれる。

LPIC 30x

以前に「LPIC-3 Core(301)」を受験して合格してから5年近く経ち、有意性の期限が近づいてきたので、LPICレベル3 Specialty(LPI 303 Security Exam)を受けることにします

内容的に ...