Chrony インストール [CentOS 7.x, CentOS 8]

2021-04-23

Chrony インストール

CentOS 7、CentOS8では、NTPクライアントは「ntpd」ではなく、「Chrony」に変更されています。
本記事では、新しいNTPクライアント・サーバーの「Chrony」のインストール方法を紹介します

NTP サーバ停止

基本的にはntpdの停止は不要ですが、NTPの自動起動とサービス停止を実施している場合は、ntpdを起動している場合は停止します

$ sudo systemctl stop ntpd
$ sudo systemctl disable ntpd

 

chrony インストール

CentOS 7の場合は、「yum」で、CentOS 8の場合は 「dkf」でChrony をインストールします

# CentOS 7
$ sudo yum install chrony

# CentOS 8
$ sudo dkf install chrony

NTPサーバー設定

初期状態から変更箇所は、ほぼありませんが同期するサNTPサーバーをインターネットマルチフィード社の「mfeed」に設定します。
サーバーとして利用してNTPクライアントからアクセスが有る場合は、接続するネットワークアドレスを設定します。
下記の場合は「192.168.1.0/24」のアドレス帯のアクセスを許可しています

$ sudo vi /etc/chrony.conf

server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst
### ↓ コメントアウトし以下に変更
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp

$ sudo allow 192.168.0.0/16
# ↓変更
allow 192.168.1.0/24 # <= 追加(自分のネットワークアドレス帯に設定)

Chrony 起動・自動起動

設定が終わると、Chronyの起動と自動起動をONに設定します

# chronyd起動
$ sudo systemctl restart chronyd

# chronyd 自動起動設定
$ sudo systemctl enable chronyd
ln -s '/usr/lib/systemd/system/chronyd.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/chronyd.service'

# chronyd 自動起動設定 確認
$ sudo systemctl list-unit-files -t service | grep chronyd
chronyd.service

時刻同期の確認

時刻同期しているか確認します。ntpqコマンドの「ntpd -p」と同じようなコマンドです

$ sudo chronyc sources
210 Number of sources = 3
MS Name/IP address Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^+ ntp1.jst.mfeed.ad.jp 2 9 377 125 -66us[ -66us] +/- 46ms
^* ntp2.jst.mfeed.ad.jp 2 10 377 333 -397us[ -229us] +/- 47ms
^+ ntp3.jst.mfeed.ad.jp 2 9 377 470 +482us[ +634us] +/- 86ms

スポンサーリンク

LinuxCentOS 7,CentOS 8

Posted by admin