EaseUS Partition Masterを利用して、MBRディスクからGPTディスクに変換する

2021-11-05

EaseUS Partition Master について

Windows10にアップグレードするために、MBRのディスクをGPTディスクに変更しようと思い、以前の記事(MBRからGPTにディスク変換する)で「mbr2gpt.exe」を利用して変換しましたが駄目でした。「mbr2gpt」ツールを利用せずに、GUIでできる「EaseUS Partition Master」で変換する方法を紹介します

EaseUS Partition Masterは、Windows上からGUIで自在にパーティションを編集できるソフトで、その機能の中でMBRのディスクをGPTディスクに変更する機能があります。コマンドプロンプトでの操作ではなく、Windows上からGUIで操作ができるので簡単です。但し、製品版を利用しないと、フロー版・トライアル版では、MBR/GPT変換に対応できません。

EaseUS Partition Master のダウンロード

下記のURLで、MBR/GPT変換に対応できる「EaseUS Partition Master」がダウンロードできるのでダウンロードできます

EaseUS Partition Master
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

EaseUS Partition Master でのMBR⇒GPT変換方法

1.「EaseUS Partition Master」を起動します

2.MBRからGPTに変換したいディスクを選択して右クリックで右クリックメニューを表示させ、「GPTへ変換」を選択します

3.アプリの上部の選択した操作が保留されているので、「1つの操作を実行する」を実行します。


4.保留中の操作が表示されるので、「適用」を選択すると、MBRからGPTが変換されます

5.MBRからGPT変換には再起動が必要ですので、「はい」を選択すると再起動され変換が開始されます

6.再起動後、CUI環境でMBRからGPTに変換されます。変換が完了すると自動で起動します。起動するとGPTに変換されます

GPTディスク 起動しない場合

MBRでは従来のBIOSで使用できましたが、GPTディスクを利用してセキュアブートするには「UEFI」を利用する必要があります。
その場合は、BIOS(UEFI)で設定変更する必要あります。下記の設定が有効になっていないとGPTディスクでは起動できません

  • セキュアブート」を有効にする
  • CSM」を無効にして、「UEFI」を有効にして、レガシーBIOSで起動できないようする。
    デバイスごとに設定できる場合は、起動ドライブをUEFI起動できるようにすれば大丈夫です。
  • BIOSのバージョンを最新にする

私の場合は、BIOSの設定は正しくしているのに何度やっても起動できなくなくなり、悩みましたがBIOSのバージョンが古いようで最新に更新すると無事に起動できました

スポンサーリンク