Copyrightの年を自動で今年の年に変更する

毎年、年始の恒例となっているのが「Copyright」の後に昨年の表示になった年を今年に変更する事です。
この作業は、運営しているコーポレートサイトで毎年やってますが、年が変わる時は正月休みで、休み明けに他の作業もあり忘れたりして面倒な作業のひとつでした。

この作業をプログラムで自動で取得できないか調べたら、javascriptでできるようですので、そちらの作業に変更しました
DateオブジェクトのgetFullYear()メソッドは、年を4桁の整数で取得できるので、そちらを利用します。下記のようなコードになります

<script>
  document.write(new Date().getFullYear());
</script>

↓↓【ブラウザ上での表示】↓↓

2021

javascriptの後に、他の文字もつなげるので以下にすると、自動で「Copyright」の後に今年の年を表示できます

© <script>document.write(new Date().getFullYear());</script> Example,Inc.

↓↓【ブラウザ上での表示】↓↓

© 2021 Example,Inc.

 

 

スポンサーリンク