Windows 10 DNSキャッシュのクリア・確認

DNSキャッシュについて

DNS変更をしてLinuxサーバーでは新しいDNSに切り替わっているに、Windows10で「nslookup」で確認すると古いままDNSだったり新しいDNSだったり不安定な事がありました。CentOSのサーバーでは特にDNSキャッシュする設定していないのでDNS浸透するとそのDNS浸透を引きますが、Windowsの場合はDNSキャッシュがあり、それが邪魔して古い方のDNSキャッシュを見に行くことがあります。

今回はこのWindows10のDNSキャッシュを削除する方法を紹介します

DNSキャッシュを表示する

コマンドプロンプトで「ipconfig /displaydns」コマンドを叩くと、DNSキャッシュ内のすべてのレコードが確認できます

C:\Users\user1>ipconfig /displaydns

Windows IP 構成

    www.xxxx.com
    ----------------------------------------
    レコード名 . . . . . . . : www.xxxx.com
    レコードの種類 . . . . . : 1
    Time To Live  . . . . . .: 13
    データの長さ . . . . . . : 4
    セクション . . . . . . . : 回答
    A (ホスト) レコード. . . : xxx.xxx.xxx.xxx

DNSキャッシュを削除する

DNSキャッシュを削除するには、コマンドプロンプトで「ipconfig /flushdns」コマンドを叩けばDNSキャッシュが削除されます

C:\Users\user1>ipconfig /flushdns

Windows IP 構成

DNS リゾルバー キャッシュは正常にフラッシュされました。

 

 

スポンサーリンク