ownCloudの手動バージョンアップ

ownCloudの手動バージョンアップについて

ownCloudのクライアントで新しいバージョンにアップグレードしたので、久しぶりにWEBにownCloudにアクセスしてみると下記のようにサーバー側も新しいバージョンにアップデートできる状態だったのでアップデートすることにしました

※このサーバーのownCloudのバージョンは「10.1.0」となっています

SSHログインしてownCloudのバージョンするコマンド「sudo -u xxx php occ upgrade」を叩くと、「ownCloud is already latest version」となりバージョンアップができません

ownCloudの手動バージョンアップの仕方

公式サイトのドキュメントにも手動バージョンアップの仕方とほぼ同じ内容となりますが、手動バージョンアップの仕方は以下の手順となります。

メンテナンスモードを「On」にする

最初にはメンテナンスモードに切り替えて、Cronを無効にしてログイン防止・ファイルの書き換えを行わないようにします。
sudo -u xxx php occ maintenance:mode –on」 [xxx]の箇所はownCloudのディレクトリの所有者のユーザー名となります。私のサーバーはNginxで動作しているので「nginx」となります

WEBサーバーを停止する

次にWebサーバーを停止します。
私の環境ではownCloudはバーチャルホストでホストで実行していたので、そのバーチャルホストの箇所の設定を一旦外してWebサーバーを再起動しました。他のバーチャルホストを停止したくないのでWebサーバーは実行したままアップデート作業をしています

DB及びownCloudディレクトリをバックアップ

データベースとownCloudのディレクトリのバックアップをおこないます

最新版のOwncloudをダウンロードする

最新版のownCloudの公式サイトよりダウンロードします

最新版を圧縮ファイルを解答する

ダウンロードしたファイルを解凍して展開します

バックアップしている設定ファイル・ownCloudディレクトリをコピーします

バックアップしている設定ファイルとバックアップしたownCloudのディレクトリを、先程展開した最新版のownCloudのディレクトリにコピーして以前の設定及びデータにもどします

WEBサーバーの再起動

停止しているWEBサーバーを起動してアップデート作業は終了です
バーチャルホストの場合で設定ファイルを別のディレクトリに移動した場合は、設定ファイルのある箇所に移動してWEBサーバーを再起動したらアップデート作業は終了です

バージョンアップで使用したファイルの削除

バージョンアップの際に使用した最新版の圧縮ファイルとバックアップに使用したディレクトリを削除します

 

 

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 7

Posted by admin