Windows Subsystem for Linux(WSL) をインストール

概要

Windows10には「Windows Subsystem for Linux (WSL)」という、LinuxをWindowsで動かくことができます。この機能のインストール方法を紹介します。最終的にはWindowsアプリで「Ubuntu」をインストールします

Windows Subsystem for Linux(WSL)をインストールします

まずはWindows機能の中にある「Windows Subsystem for Linux」を有効にします。この作業では再起動を必要されるので作業途中のファイルあれば終了した方がいいです

1.「スタートメニュー」をクリックして、「歯車マーク」を選択します

2.Windowsの設定で「アプリ」を選択します

3.「プログラムと機能」を選択します

4.「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します

5.「Windows Subsystem for Linux」の選択して「OK」を選択します

6.「Windows Subsystem for Linux」の追加作業が完了して、Windows Subsystem for Linuxを有効化するには「再起動」が必要ですので再起動します

 

開発者モードの有効化

Windows Subsystem for Linuxを追加したら、開発者モードを有効にします。開発者モードは「更新とセキュリティ」の設定にあります

※Fall Creators Updateでは不要との情報があります

1.「スタートメニュー」をクリックして、「歯車マーク」を選択します

スタートメニュー
スタートメニュー

 

2.Windowsの設定内の「更新とセキュリティ」を選択します

3.Windows Update内の左側の「開発者向け」を選択します

4.開発者向けの設定画面のある「開発者モード」を選択して有効にします

Microsoft Store より「Ubuntu」をインストールします

Microsoft Storeより、Ubuntuをインストールします。インストール完了するとUbuntuがWindows上で使えます

1.Microsoft Storeのアイコンをクリックして、ストアを開きます

2.検索窓に「Ubuntu」と入力して検索します

3.Ubuntuのアプリを選択して、「インストール」をクリックしてアプリをインストールします

4.インストールが完了するとUbuntuが使用できます

また、Microsoft Store内のある「WindowsでLinuxを実行する」バナーをくりっくすると、Ubuntu以外のLinuxもインストールできます。

スポンサーリンク