ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

Time Machineで不可視ファイル、不可視フォルダーを表示する方法

    この記事は約2分で読むことができます。

不可視ファイル・不可視フォルダーを表示するには

引き続きクリーンインストールでした際に利用したことですが、Time Machineで「~/ライブラリ/Application Support/XXXX/」などユーザーディレクトリにあるファイル、フォルダを復元する必要がありました。

普通に使うとファイルやフォルダの名前の先頭に「.」(ドット)あるファイルは見ることができませんが、コマンドを叩けばその不可視ファイル、不可視フォルダーを表示する事はできます

コマンド(defaults write com〜)を使って、不可視ファイル・不可視フォルダーを表示する

ターミナルを起動して「defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles〜」にオプションを付ければファインダー内に不可視ファイル・不可視フォルダーが表示されます

不可視ファイル・不可視フォルダーが表示する方法

ターミナルを起動して以下のコマンドを叩くと、不可視ファイル・不可視フォルダが表示されます

不可視ファイル・不可視フォルダーが表示しない方法(元に戻す)

ターミナルを起動して以下のコマンドを叩くと、不可視ファイル・不可視フォルダが表示されなくなり、元の状態になります

 - Mac ,