MRTG SNMPv2c 対応(帯域が120Mbps以上の対応)

2017-01-10

概要

MRTGでスイッチ・ルーターの帯域を取得していますが、120Mbps以上の帯域があるとグラフの値が0になってしまいます。実際には120Mbpsちょいでているみたいです

調べてみると、MRTGではTargetを指定しないと32bitでとってきて、120Mbps以上の帯域の値が正しくとれないみたいです
解決先は、SNMPv2cを使用するのと、MaxBytesAbsMaxの変更
それでも解決しない場合は、上記の設定を設定後に値取得の間隔を1分に変更する

設定変更

・Targetの末尾に「:::::2」を追加する
Target[router1]: 108:public@192.168.0.200:::::2
・MaxBytesの最大値を200Mbpsに変更
MaxBytes[router1]: 200000000
・AbsMaxの取得最大値を300Mbpsを変更追加
AbsMax[router1]: 300000000

参考URL
MRTG 2.9.22設定リファレンス

$ sudo vi /etc/mrtg/mrtg.cfg
Target[router1]: 108:public@192.168.0.200:::::2
MaxBytes[router1]: 200000000
AbsMax[router1]: 300000000

グラフ生成

$ sudo su -
# env LANG=C /usr/bin/mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg > /dev/null 2>&1

HTMLファイル作成

# /usr/local/mrtg-2/bin/indexmaker /etc/mrtg/mrtg.cfg > /var/www/mrtg/index.html

cron登録

通常は5分間隔で監視、グラフが欠ける場合は値の取得間隔を1分に変更する

# crontab -e
*/5 * * * * env LANG=C /usr/bin/mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg > /dev/null 2>&1

スポンサーリンク

Linux

Posted by admin