Hyper-V で CentOS のコンソールサイズが大きすぎる

2017-01-18

概要

Hyper-V で CentOSをインストールして起動時はコンソール画面(画面サイズ)が小さいのですが、起動途中で大きくなる。
自分の場合はX-WindowsはいれないでCUIのみ操作なので、大きな画面サイズはいらないので、800*600くらいで十分です

起動時は800*600の程度です
CentOS 起動時画面サイズ

途中からかなり画面サイズが大きくなります
CentOS 起動時画面サイズ

コンソール画面(画面サイズ)変更方法を調べました

コンソール画面(画面サイズ)変更方法【CenOS 6】

CentOS 6とCentOS 7では、編集箇所が違うので、CentOS 6から変更方法を説明します

grubの「/boot/grub/menu.lst」を編集して、カーネルの起動箇所に「video=hyperv_fb:800×600」を追加し、その後リブートします

$ sudo vi /boot/grub/menu.lst

timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.32-504.23.4.el6.x86_64)
root (hd0,0)
# video=hyperv_fb:800x600を追加します。↓の設定では KEYTABLEとrd_LVM_LVの間に追加しています
kernel /vmlinuz-2.6.32-504.23.4.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_NO_LUKS rd_NO_MD rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap crashkernel=auto KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 video=hyperv_fb:800x600 rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_DM rhgb quiet
initrd /initramfs-2.6.32-504.23.4.el6.x86_64.img
title CentOS 6 (2.6.32-504.el6.x86_64)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.32-504.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_NO_LUKS rd_NO_MD rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap crashkernel=auto KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 video=hyperv_fb:800x600 rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_DM rhgb quiet
initrd /initramfs-2.6.32-504.el6.x86_64.img

#その後、リブートします
$ sudo reboot

コンソール画面(画面サイズ)変更方法【CenOS 7】

CenOS 7の場合は、「/etc/default/grub」を編集して、カーネルの起動箇所に「video=hyperv_fb:800×600」を追加し、grub.cfgに反映し、リブートします

$ sudo vi /etc/default/grub
GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
# video=hyperv_fb:800x600を追加します。↓の設定では文末に追加しています
GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=centos/root rd.lvm.lv=centos/swap crashkernel=auto rhgb quiet ipv6.disable=1 video=hyperv_fb:800x600"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

# grubの設定をgrub.cfgに反映します
$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

#その後、リブートします
$ sudo reboot

※yum updateでカーネルのバージョンが上がり起動するカーネルが変更しても画面サイズの変更は引き継がれます

スポンサーリンク