CentOS 6.x にPHP5.4をインストール

CentOS 6.9 にPHP5.4をインストールする

CentOS 6系で、PHPをyumでインストールするとPHPのバージョンは「PHP 5.3」で、CentOS 7系では「PHP 5.6」となります。
CentOS 6系で5.4系のPHPを使い場合は、サードパーティのレポジトリを利用すると「PHP 5.4」を利用できるので、その方法を紹介します

各種設定ファイルをバックアップする

私の環境ではMySQLも稼働しているので、「php-mysql」もインストールされています。その環境で「PHP 5.4」をアップデートすると「MySQL」もバージョンアップされますので、バージョンアップ対象の設定ファイルをバックアップします

サードパーティの「remi」のレポジトリを設定する

サードパーティの「remi」のレポジトリをインストールします

普段は「remi」レポジトリを利用しないように「enabled=0」とします

PHPを「PHP 5.4」にバックアップします

PHPをバージョンアップするには、yum installのオプションで「–enablerepo=remi」として、remiレポジトリを有効にしてインストールします。

私の環境では、以下のようにバージョンアップしました

【バージョンアップ前】
・php 5.3.3
・MySQL 5.1.73

【バージョンアップ後】
・php 5.4.45
・MySQL 5.5.58