CentOS 6.x に、Apache2.4とPHP 5.6をインストールする

CentOS6系にApache2.4をインストールする

CentOS6系では、yumでインストールするとApache 2.2系がインストールされます。これをApache2.4系をインストール手順を紹介します。
作業の流れとしては、EPELの設定をおこない、その後yumでパッケージを入れます

epel-httpd24のレポジトリを設定する

Apache2.4がインストールできる、epel-apache24のレポジトリを追加します。

# cd /etc/yum.repos.d/
# wget https://repos.fedorapeople.org/repos/jkaluza/httpd24/epel-httpd24.repo

# epel-httpd24.repoの内容を確認する
# cat epel-httpd24.repo
# Place this file in your /etc/yum.repos.d/ directory

[epel-httpd24]
name=httpd-2.4 scl
baseurl=http://repos.fedorapeople.org/repos/jkaluza/httpd24/epel-$releasever/$basearch/
enabled=1
skip_if_unavailable=1
gpgcheck=0

[epel-httpd24-source]
name=httpd-2.4 scl - Source
baseurl=http://repos.fedorapeople.org/repos/jkaluza/httpd24/epel-$releasever/SRPMS
enabled=0
skip_if_unavailable=1
gpgcheck=0

Apache2.4をインストールする

先程、設定したepel-httpd24を利用してApache2.4をインストールします。Apache2.4をインストール前に以前のApacheを削除してからインストールします

以前のバージョンのApacheを削除する
# yum remove httpd

# yum install httpd24
読み込んだプラグイン:fastestmirror, security
インストール処理の設定をしています
Loading mirror speeds from cached hostfile
〜〜〜省略〜〜〜
依存性を解決しました

============================================================================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
============================================================================================================
インストールしています:
httpd24 x86_64 1-6.el6 epel-httpd24 2.2 k
依存性関連でのインストールをします。:
httpd24-apr x86_64 1.4.8-2.el6 epel-httpd24 96 k
httpd24-apr-util x86_64 1.5.2-5.el6 epel-httpd24 87 k
httpd24-httpd x86_64 2.4.6-5.el6 epel-httpd24 1.1 M
httpd24-httpd-tools x86_64 2.4.6-5.el6 epel-httpd24 73 k
httpd24-runtime x86_64 1-6.el6 epel-httpd24 1.0 M
〜〜〜省略〜〜〜

 

初期設定及び起動

Apache2.4をインストールすると「/opt/rh/httpd24/」に関連ファイルがインストールされます。今までのディレクトリと違うのシンボリックリンクで「/etc/httpd24」に設定すると使いやすいので、その設定をします

インストールされている場所の確認
$ ls /opt/rh/httpd24/
enable root
$ ls /opt/rh/httpd24/root/etc/httpd
conf conf.d conf.modules.d logs modules run
$ ls /opt/rh/httpd24/root/var/www/
cgi-bin html

/etc/httpd24のシンボリックリンクを作成する
# ln -s /opt/rh/httpd24/root/etc/httpd /etc/httpd24

/var/www/html24のシンボリックリンクを作成する
# ln -s /opt/rh/httpd24/root/var/www/html /var/www/html24

 

サービスの登録と起動を設定します

# chkconfig httpd24-httpd on
# /etc/init.d/httpd24-httpd start

起動時に以下のエラーが表示される場合は、「Apache起動時に「Could not reliably determine the server’s fully qualified domain name」のエラー」の記事を参考にしてServerNameの設定を行ってからApacheの再起動を行って下さい
# /etc/init.d/httpd24-httpd start
Starting httpd: AH00558: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using localhost.localdomain. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
[ OK ]

 

CentOS6系にphp5.6をインストールする

CentOS6系では、yumでインストールするとphp 5.4系がインストールされます。これをphp 5.6系をインストール手順を紹介します。
作業の流れとしては、Apache2.4系と同じ感じでEPELとRemiのレポジトリを設定をおこない、その後yumでパッケージを入れます。

EPEL及びRemiのレポジトリの設定

epelのレポジトリを追加します。
普段は使用せず必要な時に「yum install (package-name) –enablerepo=epel」のようにオプションを使って使用するようにします

yumで「epel-release」をインストールする
# yum install epel-release

「enabled=1」から「enabled=0」に変更して普段はEPELを使用しないようにする
# vim /etc/yum.repos.d/epel.repo
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

Remiのレポジトリを追加します。
普段は使用せず必要な時に「yum install (package-name) –enablerepo=remi」のようにオプションを使って使用するようにします
remiのレポジトリを追加します
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

「enabled=1」から「enabled=0」に変更して普段はRemiを使用しないようにする
# vim /etc/yum.repos.d/remi.repo
[remi]
name=Remi's RPM repository for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/remi/$basearch/
#mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/enterprise/6/remi/httpsmirror
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/remi/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

PHP5.6をインストールします

EPEL、Remiのレポジトリを利用してphp 5.6をインストールします。php 5.6をインストール前に以前のPHPを削除してからインストールします

古いバージョンの削除します。

# rpm -qa | grep php
# yum remove php-*

PHP5.6をインストールします

# yum install --enablerepo=epel --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-devel php-mbstring
〜〜〜省略〜〜〜
============================================================================================================
パッケージ アーキテクチャ バージョン リポジトリー 容量
============================================================================================================
インストールしています:
php x86_64 5.6.31-1.el6.remi remi-php56 2.7 M
php-devel x86_64 5.6.31-1.el6.remi remi-php56 1.2 M
php-mbstring x86_64 5.6.31-1.el6.remi remi-php56 970 k
依存性関連でのインストールをします。:
apr-util-ldap x86_64 1.3.9-3.el6_0.1 base 15 k
httpd x86_64 2.2.15-60.el6.centos.5 updates 836 k
httpd-tools x86_64 2.2.15-60.el6.centos.5 updates 80 k
libzip5 x86_64 1.2.0-1.el6.remi remi 53 k
php-cli x86_64 5.6.31-1.el6.remi remi-php56 4.0 M
php-common x86_64 5.6.31-1.el6.remi remi-php56 1.1 M
php-pecl-jsonc x86_64 1.3.10-2.el6.remi.5.6 remi-php56 52 k
php-pecl-jsonc-devel x86_64 1.3.10-2.el6.remi.5.6 remi-php56 31 k
php-pecl-zip x86_64 1.15.1-1.el6.remi.5.6 remi-php56 52 k

Apache2.2系がインストールされるので、起動スクリプトを削除 or 移動しておく
# rpm -qa|grep httpd
httpd24-apr-1.4.8-2.el6.x86_64
httpd24-1-6.el6.x86_64
httpd24-runtime-1-6.el6.x86_64
httpd24-apr-util-1.5.2-5.el6.x86_64
httpd24-httpd-2.4.6-5.el6.x86_64
httpd-2.2.15-60.el6.centos.5.x86_64
httpd24-httpd-tools-2.4.6-5.el6.x86_64
httpd-tools-2.2.15-60.el6.centos.5.x86_6
〜〜〜省略〜〜〜

php5.6をインストールすると、以前のApacheもインストールされます。
起動スクリプトも設置されるのでタブ補完していると間違って起動する場合があるので、httpdを削除したいですが、依存関係があり削除するとPHPも一緒に削除されてしまうので、起動スクリプトだけ別ディレクトリに移動します

# mv /etc/init.d/httpd /etc/httpd

スポンサーリンク