Ansible インストール [CentOS 5.x]

2016-07-29

管理対象がCentOS 5.xの場合は、「python-simplejson」と「python26」のインストールが必要です。
Ansible実行環境には、pythonのバージョンが2.4以上で、「python-simplejson」を必要とします

EPEL 設定

CentOS 5でEPELを利用できるようにします

$ sudo yum localinstall http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

# 通常はEPELはOFFにし、必要な時に有効にする(enabled=0)
$ sudo sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo

# EPELを有効にしてインストールする場合は、以下のようにコマンド入力
$ sudo yum --enablerepo=epel install [パッケージ名]

必要パッケージ インストール

CentOS 5.x系は、「python-simplejson」と「python26」のインストールします

$ sudo yum --enablerepo=epel install python26 python-simplejson

スポンサーリンク

LinuxAnsible

Posted by admin