4GB以上のファイルをUSBメモリにコピーできない場合

大容量のファイルをUSBメモリにコピーすると「ファイルが大きすぎます」と表示されコピーできない場合

USBメモリにCentOSのisoファイルをコピーしようとすると「ファイルが大きすぎます」と表示されUSBメモリにコピーできない状態でした。またメッセージダイアログには「ファイル〇〇は大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」と表示されます

容量の小さいファイルがUSBメモリにコピーできるので、コピーできない原因はUSBメモリにある可能性が高いです。USBメモリのファイルシステムをプロパティで確認すると「FAT32」になっているのでコピーできなかったようです

FAT32では、1ファイルの最大容量は最大4GBです。
サイズが4GBを超えるファイルは、「ファイルは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」、「十分な空き領域がありません」等のエラーが表示されFAT32のファイルシステムのUSBメモリ等に保存できません

FAT32では、4G以上のファイルが保存できないので、ファイルシステムを「NFS」・「exFAT」でフォーマットすれば保存できます。「NFS」・「exFAT」の最大ファイルサイズは、「NFS」・「exFAT」とも理論値で16EB(エクサバイト)で実質敵に容量制限はありません

FAT32以外ならOKなので「NFS」に変更してフォーマットし直しました。

USBメモリのフォーマット画面から「NFS」を選択してクイックフォーマットをしました

NFSでクイックフォーマットを選択して開始を押すと、NFSのファイルシステムでフォーマットされます

スポンサーリンク

Windows10

Posted by admin