ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

MySQLからMariaDBへの移行作業

      2017/01/04 この記事は約2分で読むことができます。

概要

CentOS 7.0 から標準でインストールされているDBは「MariaDB」に変更されているので、「MySQL」から「MariaDB」に変更した時の作業内容です
手順で使用したCentOSのバージョンは「CentOS 6.5」です、MySQLで yum でインストールできるバージョンです

MariaDBの公式ページにリポジトリ登録

MariaDBをyumでインストールする為、レポジトリを登録します、下記の内容はCentOS 6(64bit), MariaDB 10.0 の場合でのレポジトリです
OSのバージョンの違いで内容が変わりますので、下記のMariaDBの公式ページで内容を確認して下さい

MariaDBの公式ページ リポジトリ情報

DBのバックアップ

MariaDBに移行する前に、MySQLのDBをmysqldumpコマンドでバックアップします

MySQL アンインストール

MariaDBをインストールする前に、MySQLを停止・アンインストールします
また、my.cnfはバックアップをとっておき、MariaDBインストール後に置き換えます

・MySQLの自動起動の停止および停止

・MySQLのアンインストール

MariaDB インストール

MariaDBをyumでインストールします。また、MySQLをアンインストール時に一緒にアンインストールされた関連パッケージも入れ直します

設定ファイル(my.cnf)をバックアップしているファイルと置き換えます

MariaDBの自動起動及び起動

 - Linux