digコマンドでTXTレコード(SPFレコード)の確認

2020-03-16

概要

LinuxのdigコマンドでTXTレコードに登録している「SPFレコードの確認」方法です
携帯電話にメールが送信できなかったり、送信元ドメイン認証を行っているメールサーバー宛にメールが届かない場合に確認するケースで利用する場合があると思います

SPFレコードの確認

dig -t TXT <ドメイン>

yahoo.co.jpの場合は以下となります。

$ dig -t TXT yahoo.co.jp

; <<>> DiG 9.8.3-P1 <<>> -t TXT yahoo.co.jp

;; QUESTION SECTION:
;yahoo.co.jp. IN TXT

;; ANSWER SECTION:
yahoo.co.jp. 361 IN TXT "v=spf1 include:spf.yahoo.co.jp ~all"

;; AUTHORITY SECTION:
yahoo.co.jp. 659 IN NS ns01.yahoo.co.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
ns01.yahoo.co.jp. 365 IN A 118.151.254.133

include:spf.yahoo.co.jp となっているのでinclude先も調べます
$ dig -t TXT spf.yahoo.co.jp

;; ANSWER SECTION:
spf.yahoo.co.jp. 900 IN TXT "v=spf1 include:spf01.yahoo.co.jp include:spf02.yahoo.co.jp include:spf03.yahoo.co.jp include:bulk-spf.yahoo.co.jp ~all"

複数の箇所にincludeしているので、その中の一つを調べます
$ dig -t TXT spf01.yahoo.co.jp
;; ANSWER SECTION:
spf01.yahoo.co.jp. 900 IN TXT "v=spf1 ip4:124.83.237.0/24 ip4:124.83.238.0/23 ~all"

SPFレコードらしきの記述が出てきます

スポンサーリンク

Linux

Posted by admin