ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

ウェブマスター ツールの構造化データエラー「author がありません、updated がありません」(stinger3)。

    この記事は約2分で読むことができます。

久しぶりにGoogleウェブマスター ツールで構造化データを選択すると、以下のエラーが大量に表示されていました

  • author がありません
  • updated がありません

ウェブマスター ツールの構造化データエラー

ネットで調べてみると、HTMLタグを追加すれば直るようです。筆者のHPは、stinger3 ver20131217を使用していますので修正するテンプレートは、単一記事の投稿 (single.php)を修正すればよいとの事です

「updated がありません」 への対策

updated がありませんの対策ですが、対応は簡単です。単一記事の投稿 (single.php)のテンプレートを修正すればOKです。
公開日の下の方のHTMLタグで

の箇所に、「date updated」を追加してやるだけです。

「author がありません」 への対策

こちらも少しHTMLタグを追加すればOKです
ネットではfooterの著作権の箇所に追加すればOKとの事ですが、筆者の環境は、stinger3 ver20131217では、エラー表示は解消されませんでした。
単一記事の投稿 (single.php)のテンプレートの 関連記事 を記載する箇所の直前に author情報のタグを追加しました
author情報は表示しない方向なので、style="visibility: hidden;"で非表示にしています

構造化データ テスト ツール

上記のエラー修正のHTMLタグを追加したら以下のURLでエラーにアクセスして、記事のURLを入力して[プレビュー]をクリックして、エラーが表示されないか確認します

構造化データ テスト ツール

構造化データ テスト ツール



 - WordPress